脱毛サロンには時間的な余裕を持って行く


脱毛サロンには時間的な余裕を持って行くブログ:16/2/11


母は、夕方食の準備で忙しく動いている…

その傍らには、
好奇心いっぱいの目をキラキラと輝かせながら、
母のクチ元をもどかしそうに見つめる、
幼ない頃の姉貴と、俺といもうとがいました。

そんな俺達に、
母はやさしい視線を注ぎながら、
「次は少し小さな声にして、こんな風に歌うのよ」
と言って、
童謡を歌ってくれます。

いつものように俺達三人は、
夕方食の用意をあわただしくしている母を、
取り囲むようにしながら、つきまとっていました。

当時の我が家では、
汚れた野良着のままでも、
スグに食べる事の仕度に取りかかれるように
大きな流しが屋外に設けられていました。

いつ頃からか、記憶にはないけれど、
夕になり、母がその流しの前にいる時間帯になると、
俺達姉妹は、その場所に集まるのが日課でした。

昭和二十年代後半、敗戦のあとの日本は、
めざましい復興が着々と進んでいましたが、
ほとんどの国民は日々の生活に追われ、
ただ生きることに精一杯のような時代でした。

そんな中にあって、
母は日々のように、俺達に向かって
「さあ歌ってごらん、いい歌よ」
と言いながら、一小節ずつ、
クチ移しでいろんな童謡を教えてくれたのです。

母は若い頃、教師をしていた関係で、
家にはたくさんの童謡の歌集がありました。

戦後の混乱した社会ではあったけれど、
我が子には、美しい抒情たっぷりな童謡を歌わせて、
心豊かで明るい息子に育てたい…という
母の切ない願いがあったに違いありません。

そんな母の思いを知る筈もなかった俺達でしたが、
どんなに遠くまで遊びに出かけていても、
まるで磁石に吸い寄せられていくかのように、
かけ足で家に帰ったものでした。